文部科学省 科学研究費助成事業
新学術領域研究(研究領域提案型) 2019年度~2023年度

出ユーラシアの統合的人類史学 - 文明創出メカニズムの解明 -

活動状況

活動状況

2020.06.22
C01班の愛知県埋蔵文化財センターでの三次元計測について,報告をまとめていただいております.
2020.06.16
色々と対面では活動しづらい状況が続いておりますが,zoomなどのオンラインツールを用いて,今年度はこれまで以下のような活動を行っております.

A01班第一回研究会:
日時:2020年6月16日(火)10:00~12:00
発表者:松本剛(山形大学)公募研究「シカン遺跡大広場の発掘と景観分析」
コメンテーター:山本睦(山形大学)

A01班第一回研究会:
日時:2020年6/23(火)16:00~18:00(発表+コメント約1時間)
発表者:伊藤伸幸(名古屋大学)公募研究「メソアメリカにおける都市空間の創成」
コメンテーター:杉山三郎(愛知県立大学)

A03班第1回班会議
日時:2020年4月27日(月)10:00-12:00(日本時間)
コロナ対応を中心とした今後の活動計画について

A03班第一回拡大班会議
日時:2020年5月27日(土)10:00-12:00(日本時間)
A03班各メンバーおよび公募研究代表者の研究紹介および今後の活動について

A03第二回班会議:
日時:2020年6月27日(土) 10:00〜12:00
10:00-10:45 岡安光彦「アジア的戦争複合体についての先行研究」
11:00-11:45 寺前直人「弥生時代・古墳時代における武器の操作と表示-身体的形態論と葬送儀礼における消費形態を中心に-」

A03第三回班会議:
日時:2020年8月2日(土) 9:30〜12:00
9:30-10:30 市川彰「メソアメリカの戦争」
10:30-11:30 松木武彦「日本列島先史時代の戦争」
総合ディスカッション 11:30-12:00

A02班第一回セミナー:
日時:2020年6月15日(月)15:00~17:00
桑原牧子 「イレズミにみられるマルケサス様式の継承と変化」
コメント 石村智

A02班第一回セミナー:
日時:8月10日(月)15:00~17:00
嘉幡茂「古代メキシコの都市化の原理:宇宙を含めた空間支配の復元」
コメント:松本雄一・上野祥史

第1回B01班研究会:
5月18日(月)13:00~15:00
報告者:相馬拓也 特定准教授(京都大学)
コメンテーター:稲村哲也 特任教授(放送大学)

第2回B01班研究会:
5月23日(土)15:00~17:00
報告者:梅崎昌裕 教授(東京大学)
コメンテーター:須田一弘 教授(北海学園大学)

第3回B01班研究会:
6月1日(月)13:00~15:00
報告者:後藤正憲 学術研究員(北海道大学)
コメンテーター:大村敬一 教授(放送大学)

第一回B03班会議
4月23日 15:00〜17:00
B03班の各メンバーおよび公募研究代表者の研究紹介およびコロナ禍における今後の活動について

第4回B01班研究会:
6月6日(土)13:00~15:00
報告者:古川勇気 研究員(立命館大学)
コメンテーター:河合洋尚 准教授(国立民族学博物館)

C01班:
各種自治体での三次元計測(これまでの活動の詳細は以下をご参照ください)
*今後の予定:
2020年6月18日:徳島県埋蔵文化財センターでの調査
2020年6月19日:香川県埋蔵文化財センターでの調査
2020年6月24日:広島県北広島町大朝郷土史資料室での調査
2020年6月25日:広島県教育事業団事務局埋蔵文化財調査室での調査
2020年7月9日:唐津市教育委員会生涯学習文化財課での調査
2020年7月10日:小郡市埋蔵文化財センターでの調査
2020年7月13〜16日:高知県立埋蔵文化財センターでの調査
2020年7月27〜28日:大阪府教育委員会文化財調査事務所での調査
2020年7月30〜31日:湯梨浜町教育委員会出雲弥生の森博物館での調査
2020年8月3〜4日:大阪府教育委員会文化財調査事務所での調査(2回目)
2020年8月11〜12日:山口県埋蔵文化財センターでの調査
2020年8月17〜19日:福津市カメリアステージ歴史資料館海の道むなかた館での調査
2020年8月25日:島根県埋蔵文化財調査センターでの調査
2020年8月31〜9月2日:福岡市博物館福岡市埋蔵文化財センター板付遺跡弥生館での調査
2020年9月14日:鳥取県立博物館での調査

総括班会議
第一回:2020年4月16日(木)10:00〜12:00 コロナ対応と今後の活動について
第二回:2020年6月12日(金)10:00〜12:00 今年度班会議などについて

2020.06.10
C01班が三重県埋蔵文化財センターで中ノ庄遺跡・納所遺跡出土の弥生時代前期土器の三次元計測を行いました.ご協力頂いた皆様,どうもありがとうございます.(写真1写真2
2020.06.08
C01班が京都府埋蔵文化財調査研究センター長岡京市埋蔵文化財センターで雲宮遺跡出土の弥生時代前期土器の三次元計測を行いました.ご協力頂いた皆様,どうもありがとうございます.(写真1写真2
2020.06.04
C01班が古代吉備文化財センターで津島遺跡・百間川沢田遺跡出土の弥生時代前期土器の三次元計測を行いました.また岡山大学で縄文時代広畑貝塚の土偶なども計測しました.ご協力頂いた皆様,どうもありがとうございます.(写真1写真2
2020.05.26
C01班が愛知県埋蔵文化財センターで月縄手遺跡出土の弥生時代前期土器の三次元計測を行いました.ご協力頂いた皆様,どうもありがとうございます.
2020.03.05
2月27日・28日にメキシコのテオティワカンで国際研究会議"Monuments, Art, and Human Body: Out of Eurasia"を開催しました.日本,メキシコ,アメリカ合衆国の25の機関から本領域のメンバーおよび研究協力者40名以上が参加し,研究発表と活発な議論を行いました.28日の午前中にはテオティワカン遺跡を訪れ,最新の調査成果を共有しました.(写真1写真2

2月29日に,メキシコシティのアステカ大神殿博物館で,一般市民に向けた国際フォーラム"Foro de Arqueologiva Cognitiva; Momentos, Arte, y Cuerpo Humano, afuera de Eurasia. Monumentos y tumbas como lugar de memoria social" (認知考古学フォーラム:出ユーラシアのモニュメント,アート,身体:社会的記憶の場所としてのモニュメントと墓)を開催しました.専門家および一般市民約80人が参加し,多くの質問から関心の高さがうかがわれました.(写真1写真2

2020.02.21
C01班で,2月18〜21日に下関市立考古博物館で土器の三次元計測を行いました.ご協力いただいた博物館の皆様,本当にありがとうございました.(写真1写真2
2020.02.07
A02班で2月6日に班会議を開催いたしました.(写真1写真2
2020.01.27
1/25にシンポジウム『人工(遺)物の三次元計測と幾何学的形態測定の理論と実践』(基盤C「古墳時代鉄鏃の変化と地域性に関する数理的解析(代表:松木武彦)」と共催)が開催されました.当日の様子です.(写真1写真2写真3写真4
2020.01.22
1/11-1/12に第二回全体会議が開催されました.当日の様子です.(写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7