文部科学省 科学研究費助成事業
新学術領域研究(研究領域提案型) 2019年度~2023年度

出ユーラシアの統合的人類史学 - 文明創出メカニズムの解明 -

活動状況

活動状況

2019.11.09
2019年度「形の理」第二回セミナー:考古遺物三次元測定のハンズオン・セミナーが開催されました.(当日の様子1様子2)
2019.11.04
International Workshop “Early Civilizations from the Viewpoints of the Northeast Eurasian Prehistory: A New Perspective”が開催されました.(当日の様子1様子2)
2019.10.06
南山大学考古・人類学セミナー「形ノ理:モノが語る物語」 第一回目セミナーが開催されました.(当日の様子1様子2)
2019.09.14
MORPH2019が開催され,領域代表およびA02,A03,C01班のメンバーが発表を行いました.
2019.09.10
 A03班会議(2019年9月8日11〜12時@岡山大学),A02班会議(2019年9月9日15〜17時@岡山大学)を行いました.
2019.09.10
 キックオフ・ミーティング,無事終了いたしました.ご参加いただいたみなさまありがとうございます.また翌日にはBIZEN中南米美術館でのクローズドミーティングも行いました.(当日の様子1様子2様子3様子4様子5様子6).
2019.09.03
 本領域が共催した「実験美学シンポジウム”On beauty: philosophical and psychological considerations to the empirical study of aesthetics”」が開催されました.
2019.08.24
 国際活動支援班を中心に,総括班会議を実施しました(@岡山大学).キックオフミーティングの看板がすでに.
2019.08.20
 C01班会議を行いました(@品川駅,11:00〜12:30).
2019.08.20
 総括班会議を実施しました(@岡山大学東京オフィス).白熱する議論の様子です.