文部科学省 科学研究費助成事業
新学術領域研究(研究領域提案型) 2019年度~2023年度

出ユーラシアの統合的人類史学 - 文明創出メカニズムの解明 -

計画研究

A01班:人工的環境の構築と時空間認知の発達

班構成

研究代表者
鶴見 英成(東京大学総合博物館・助教)
研究分担者
片岡 修(上智大学附置研究所・客員教授)
後藤 明(南山大学人文学部・教授)
笹生 衛(國學院大学神道文化学部・教授)
杉山 三郎(愛知県立大学外国語学部・名誉教授/アリゾナ州立大学)
関口 和寛(国立天文台光赤外研究部・教授)
野嶋 洋子(独立行政法人国立文化財機構東京国立博物館アジア太平洋無形文化遺産研究センター・アソシエイトフェロー)
北條 芳隆(東海大学文学部・教授)
光本 順(岡山大学社会文化科学研究科・准教授)
山本 睦(山形大学人文社会科学部・准教授)
研究協力者
井上 幸孝(専修大学文学部・教授)
清家 章(岡山大学社会文化科学研究科・教授)
山口 雄治(岡山大学埋蔵文化財調査研究センター・助教)
ネリー・ロブレス(メキシコ国立歴史人類学研究所)

研究目的

本研究班は、新学術領域研究の主目的である「ヒト特有のニッチ構築による文明創出のメカニズム解明」のため、ユーラシア大陸からボトルネック現象を経て新天地に拡散した集団が、それぞれ異なる自然環境において、相互にほぼ独立して展開した文明創出の様態を「自然実験」として戦略的に取り上げ、比較研究する。1万年前まで自然界において目立たない存在であったヒト集団が、多様な環境に進出し、文明化により生物史上稀に見る繁栄に至ったプロセスを、ヒトが作り出す物質的環境(自然改造の痕跡、建造物、モニュメント、都市遺構など)に見られる諸特性を中心に解析・比較研究し、技術/アートを対象とするA02班、社会の複合化を対象とするA03 班と協働して、人工的環境の構築と技術・感性の変化、集団行動の変化がどのように関連しつつ変化したかを具体的に明らかにする。

本研究班では、これまでのアンデスにおける発掘調査において、文明形成期の神殿群が成立し変容する過程を景観との関係から多年にわたり研究しており、神殿を含む景観を体感することが、次の段階における神殿建設のあり方を決める重要な要因となると考えている。神殿のようなモニュメント建築の出現と変容について、これまで他地域をフィールドとする本研究のメンバーと研究集会を重ねる中で、地域を超えて見られる普遍的な要素と、多様性がみられるところが確認された。その詳細な比較検討に必要な正確な3次元データについても、本研究メンバーによってすでにある程度取得されているが、本研究で新しい補完的データを集積し、A02、A03 班と共に統合的な実証研究による新しい文明論の構築を目指す。本研究では、地域固有の自然環境要因に加え、主体であるヒトに内在する「優れた認知能力」と「利他行動/協働作業」をベースとした集団形態を、爆発的な文明発展の要因であったと想定する。