文部科学省 科学研究費助成事業
新学術領域研究(研究領域提案型) 2019年度~2023年度

出ユーラシアの統合的人類史学 - 文明創出メカニズムの解明 -

業績

A01

論文

書籍

  • N. Sugiyama, Fash, W. L., Fash, B., and Sugiyama, S. (2020). The Maya at Teotihuacan? New insights into Teotihuacan-Maya interactions from Plaza of the Columns Complex. In K. Hirth, D. Carballo, and B. Arroyo (Eds.), Teotihuacan: The world beyond the city (pp.139-172), Dumbarton Oaks Research Library and Collection, Washington, D.C.

研究発表・講演

アウトリーチ

B01

論文

書籍

  • 河合洋尚. (2020).『景観人類学入門』風響社.

研究発表・講演

アウトリーチ

B03

論文

書籍

研究発表・講演

アウトリーチ

  • 瀬口典子. (2020).「人種優劣」と植民地主義につながった自然人類学と遺骨返還問題.2020年6月24日,大阪大学COセンター主催第24回(通算194回)研究会(世直し研究会).

C01

論文

書籍

  • 田村光平. (2020). 『文化進化の数理』森北出版.
  • 中尾央訳. (2020). マイケル・トマセロ『道徳の自然誌』(Tomaseollo, M. 2014. A natural history of morality. Harvard University Press.)勁草書房.
  • Nakao, H., Nakagawa, T., Tamura, K., Yamaguchi, Y., Matsumoto, N., and Matsugi, T. (2020). Violence and climate change in the Jomon period. In G. R. Schug (eds.) The Routledge handbook of the bioarchaeology of climate and environmental change (pp. 364-376). New York: Routledge.

研究発表・講演

アウトリーチ

  • 中尾央. (2021). 土器と赤ちゃんと哲学.BABLAB, 4.
  • 中尾央中川朋美. (2020). 土器の三次元計測.『人類学研究所通信』.

班連携

論文

書籍

  • Nakao, H., Nakagawa, T., Tamura, K., Yamaguchi, Y., Matsumoto, N., and Matsugi, T. (2020). Violence and climate change in the Jomon period. In G. R. Schug (eds.) The Routledge handbook of the bioarchaeology of climate and environmental change (pp. 364-376). New York: Routledge.

研究発表・講演

アウトリーチ