文部科学省 科学研究費助成事業
新学術領域研究(研究領域提案型) 2019年度~2023年度

出ユーラシアの統合的人類史学 - 文明創出メカニズムの解明 -

業績

業績

論文

  • 木村友美・野瀬光弘・松林公蔵. In press.「超高齢社会における孤食と共食―ソーシャル・インクルージョンの観点から」『未来共創』
  • Honda, S. In press. Whales and whaling in Greenland: Historical and Contemporary Studies, Senri Ethnological Studies (SES).
  • Senoo, S., Iwasaki, M., Kimura, Y. et al. In press. Combined effect of poor appetite and low masticatory function on sarcopenia in community-dwelling Japanese adults aged ≥ 75 years: A 3-year cohort study. Journal of Oral Rehabilitation.
  • 清水展. 2020.「外部思考=感覚器官としての異文化・フィールドワーク:ピナトゥボ・アエタとの40年の関わりで目撃した変化と持続、そして私の覚醒」『東洋文化』100:41-76
  • Yamamichi, S., Miuma, S., Wada, T., Masumoto, H., Kanda, Y., Shibata, H., Miyaaki, H., Taura, N., Ichikawa, T., Yamamoto, T., and Nakao, K. Deep sequence analysis of NS5A resistance-associated substitution changes in patients reinfected with the hepatitis C virus after liver transplantation. Journal of Viral Hepatitis 2020. doi: 10.1111/jvh.13256.
  • 松本直子. 2020. 認知考古学. 『季刊考古学』150号記念号, pp. 106-108.
  • 松本直子. 2019. 認知考古学から読み解く縄文人の心性. 『考古学ジャーナル』728, pp. 15-17.
  • 大西秀之. 2019. 共有資源としてのアイヌ⽂化史跡:北海道標津町における地域住⺠の語りを事例として.『生態人類学会ニュースレター』25:32-38
  • 黒澤弥悦・池谷和信. 2019.「変わりつつあるイノシシと人の関係」『ビオストーリー』31、8-13頁、生き物文化誌学会
  • Kondo, Y., Miyata, A., Ikeuchi, U., Nakahara, S., Ōnishi, H., Osawa, T., Ota, K., Sato, K., Ushijima, K., Vienni Baptista, B., Kumazawa, T., Hayashi, K., Murayama, Y., Okuda, N., and Nakanishi, H. 2019. Interlinking open science and community-based participatory research for socio-environmental issues. Current Opinion in Environmental Sustainability, 39(54): 54-61.
  • Kimura, Y., Iwasaki, M., Ishimoto, Y. et al. 2019. Association between anorexia and poor chewing ability among community-dwelling older adults in Japan. Geriatrics & Gerontology International 19: 1290–1292.
  • Iwasaki, M., Kimura, Y., Ogawa, H., Yamaga, T., Ansai, T., Wada, T., Sakamoto, R., Fujisawa, M., Kiyohito, O., Miyazaki, H., and Matsubayashi, K. 2019. Periodontitis, periodontal inflammation, and mild cognitive impairment: A 5‐year cohort study. Journal of Periodontal Research 54(3):233-240.
  • 山本睦・マリーナ・ラミーレス.2019.ペルー北部インガタンボ遺跡(第五次)とカニャリアコ遺跡の発掘調査.『古代アメリカ』22, pp. 119-132.
  • Ito, H., Yamamoto, T., and Morita, S. 2019. The type-reproduction number of sexually transmitted infections through heterosexual and vertical transmission. Scientific Reports, 9, 17408.
  • Tu, R., Pan, K-Y., Cai, G., Yamamoto, T., Wan, H-X. 2019. The role of education in the association between self-rated health and levels of C-reactive protein: a cross-sectional study in rural areas of China. BMJ Open, 9, e027659.
  • 中野政之・有馬弘晃・山本太郎.2019.ネパール高地における適応と肥満,糖尿病.Medical Science Digest, 45(12), 50-52.
  • Yazawa, A., Inoue, Y., Cai, G., Tu, R., Huang, M., He, F., Chen, J., Yamamoto, T., and Watanabe, C. The association between family members’ migration and Epstein-Barr virus antibody titer among people left behind in rural Fujian, China. American Journal of Human Biology, e23327.
  • Igarashi, Y., Shimizu, K., Mizutaka, S., and Kagawa, K. 2019. Pregnancy parturition scars in the preauricular area and the association with the total number of pregnancies and parturitions. American Journal of Physical Anthropology. (Open access)
  • Ishiya, K. Mizuno, F., Wang, L., and Ueda, S. in press. MitoIMP: A computational framework for imputation of missing data in low-coverage human mitochondrial genome. Bioinformatics and Biology Insights.
  • Gumert, M. D., Tan, A., Luncz, L., Switzer, A., Iriki, A., Haslam, M., and Malaivijitnond, S. in press. Phenotypic variation predicts stone hammering prevalence amongst hybrid macaques. Behavior.
  • Kosugi, A., Castagnola, E., Carli, S., Ricci, D., Fadiga, L., Taoka, M., Iriki, A., and Ushiba, J. in press. Fast electrophysiological mapping of rat cortical motor representation on a time scale of minutes during skin stimulation. Neuroscience.
  • Tramacere, A., Wada, K., Okanoya, K., Iriki, A., and Ferrari, P. F. in press. Auditory-motor matching in vocal recognition and imitative learning, Neuroscience.
  • Tanaka, T., Matsumoto, T., Hayashi, S., Takagi, S. & Kawabata, H. in press. What Makes Action and Outcome Temporally Close to Each Other: A Systematic Review and Meta-Analysis of Temporal Binding. Timing & Time Perception, 7, 189-218.
  • Kataoka, O. 2019. Nan Madol: A Megalithic Ceremonial Center in Micronesia and UNESCO World Heritage Site. Association for the Promotion of International Cooperation.

書籍

  • アントニオ・アイミ (著)、井上 幸孝 (日本語版監修)、モドリュー克枝 (訳)、『ビジュアル図解 マヤ・アステカ文化事典』柊風舎,2020年.
  • 池谷和信(2019)「犬を使用する狩猟法(犬猟)の人類史」大石高典・近藤祉秋・池田光穂編『犬からみた人類史』46-67頁、勉誠出版
  • 木村友美(2020)「フィールド栄養学からみた食と健康―インド・ヒマラヤ高地の遊牧民と難民を事例として」志水 宏吉,河森 正人,栗本 英世,檜垣 立哉,モハーチ・ゲルゲイ 編『共生学宣言』大阪大学出版会 pp.97-120
  • 木村友美(2020)「モンパ族の食事―ルブラン村に暮らす牧民の栄養調査から」安藤 和雄編著『東ヒマラヤ―都市なき豊かさの文明』 京都大学出版
  • 中尾央.2019.文化はどのように感染するか.慶應義塾大学教養研究センター(編)『生命の教養学14 感染る』慶應義塾大学出版会,205-226.

研究発表・講演

  • 池谷和信(2020)「世界のハンターと動物」ヒトと動物の関係学会・関西シンポジウム「狩猟採集の現代」、国立民族学博物館、2020年2月1日。
  • 池谷和信 (2019)「趣旨説明」 生き物文化誌学会第77回例会「バナナの文化誌」、 熱川バナナワニ園 、2019年12月7日。
  • Inamura, T. (2020). Andean pastoralism and llama’s significance for the formation of Andean civilization from the view point of ethnography. International Academic Meetings in Mexico: Monuments, Art, and HumanBody, Hotel Villa Arqueologica de Teotihuacan (2020/02/28)
  • 稲村哲也(2020)「南米・中米報告へのコメント」『出ユーラシアの統合的人類史学第2回全体会議「ドメスティケーション・土器・社会複合化・モニュメント:出ユーラシア地域の文明形成プロセスの比較」』、南山大学S棟22番教室、2020年1月12日。
  • Ōnishi, H. (2020) "Tribalism or Chiefdom?: The formation of Ainu society by influences from outside worlds" Out of Eurasia, International Academic Meetings in Mexico: Monuments, Art, and HumanBody, Hotel Villa Arqueologica de Teotihuacan (2020/02/27)
  • 大西秀之(2020)「技術研究をめぐる民族誌フィールドの可能性」『国立民族学博物館共同研究(若手)「テクノロジー利用を伴う身体技法に関する学際的研究」』、国立民族学博物館第3セミナー室、2020年2月16日。
  • 大西秀之(2020)「⽇本・オセアニア報告へのコメント:“比較研究”という視座から」『出ユーラシアの統合的人類史学第2回全体会議「ドメスティケーション・土器・社会複合化・モニュメント:出ユーラシア地域の文明形成プロセスの比較」』、南山大学S棟22番教室、2020年1月11日。
  • 河合洋尚(2019)「南太平洋・ヴァヌアツの華僑華人」みんぱくウィークエンドサロン、国立民族学博物館、2019年8月4日。
  • 河合洋尚(2019)「景観人類学――田野科学如何分析景観問題与景観設計?」北京大学建築与設計学院招待講演、北京大学、2019年9月11日。
  • 河合洋尚(2019)「景観人類学的新趨向――現状与展望」アモイ大学人類学部招待講演、アモイ大学、2019年11月8日 
  • 河合洋尚・陳昭(2019)「景観人類学在日本的発展与展望」国際ワークショップ「中日人類学学術交流研討会」、中央民族大学、2019年9月13日。
  • 北浦由樹・清水郁郎・上北恭史・Thong-ek Kladpan・吉田英志. (2019)「東南アジア水辺集落の居住文化・景観の再生とリバース・イノベーションによる発信 その1 中部タイ アユタヤ県K村を事例とした伝統的家屋の様態」『日本建築学会学術講演梗概集(北陸)』:1425-1426, 2019年9月4日、金沢工業大学
  • 木村友美・坂本龍太・和田泰三・藤澤道子・奥宮清人・石本恭子・加藤恵美子・竜野真維・岩崎正則・松林公蔵(2019)「農村地域における高齢者の食行動と健康度との関連」『第61回日本老年医学会学術集会』(仙台)、2019年6月8日。
  • Shimizu, I. et al., (2019). Cultural Landscape in the Current Context: Case of Waterfront Village, Lao PDR. International sessions on: Territorial Governance and Planning Challenges for Sustainable Development of Urban and Rural Laos, “International ResearchForum: Science, Technology and Innovation for Sustainable Development”, The National University of Laos, Lao PDR, 6/11/2019
  • Yodsurang, P., Simizu, I. et al., (2019). Cultural Landscape of the Riverfront Community Complex: Reconsidering Boundary and Setting of Water-based Cultural Landscapes. International sessions on: Territorial Governance and Planning Challenges forSustainable Development of Urban and Rural Laos, “International Research Forum: Science, Technology and Innovation for Sustainable Development”, The National University of Laos, Lao PDR, 6/11/2019
  • Kladpan, T., Shimizu, I.. Uekita, Y., Yoshida, H., and Kitaura, Y. (2019) Regeneration of Dwelling Culture and Cultural Landscape of the Waterfront Village in Southeast Asia and Dissemination of the Method through Reverse Innovation, Part 2 An InitialResearch of a Waterfront Village in Central Thailand.『日本建築学会学術講演梗概集(北陸)』:1371-1372, 2019年9月3日、金沢工業大学
  • Daungthima, W., Shimizu, I. et al., (2019). Living with Floods: Moving Towards Resilient Local Level Adaptation in Cultural Landscape at Ban Khom, Ayutthaya, Thailand. International sessions on: Climate Change and Urban Resilience: Sustainable UrbanTransportation and Infrastructure. International Research Forum: Science, Technology and Innovation for Sustainable Development”, The National University of Laos, Lao PDR, 6/11/2019
  • 松⽊武彦.日本列島の社会複合化と戦争・アート・モニュメント.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11日.
  • 後藤明.オセアニアにおけるモニュメントと社会複合化.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11日.
  • 五⼗嵐由⾥⼦.古人骨による先史時代の人口構造(出生率と寿命)の推定.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11日.
  • 齋⽊潤・上⽥祥⾏.視覚認知の文化間変異と世界認知マップの構築.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11日.
  • 鶴⾒英成・⼭本睦・松本雄⼀・渡部森哉.アンデス文明におけるドメスティケーション,モニュメント,土器,社会複合化.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11日.
  • 杉⼭三郎.メソアメリカのモニュメント/エリート埋葬墓と階層社会の形成:研究の展望と目的.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月12日.
  • 中尾央・⾦⽥明⼤・⽥村光平・野下浩司.土器の 3 次元計測とその数理的解析.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月12日.
  • ⽚岡修・⻑岡拓也・後藤明・野嶋洋⼦.巨石複合遺跡の形成と発展に関する考古学研究:ポーンペイ島の先史時代における首長制社会の理解に向けて.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 笹⽣衛.遺体と葬送・墳墓・祭祀に関するデータベース作成.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 関⼝和寬・⾼⽥裕⾏.考古学および天体データの可視化.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 野嶋洋⼦.島嶼メラネシアにおける人工的環境の構築:バヌアツ北部におけるモニュメント事例.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 北條芳隆.三内丸山遺跡と北限の月.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 光本順・清家章・⼭⼝雄治.岡山市造山古墳群の三次元計測に関する学史と展望.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • ⼭本睦.ペルー最北部におけるモニュメントの形成と社会複合化:インガタンボ遺跡の発掘調査を中心に.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 松本直⼦・蒲池みゆき・川畑秀明.人形人工物における顔・身体表現の比較研究に向けて.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • ⽯村智.土器・樹皮布・タトゥー:オセアニア・アートにおける文様とメディアの相互交流.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 上野祥史.古墳時代の器物を彩る装飾の社会的機能:図象・紋様の選択.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 佐藤悦夫.メキシコ,テオティワカン遺跡「月のピラミッド」出土のパトラチケ期の土器.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 桑原牧⼦.東ポリネシアの神像と社会制度.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 中園聡・平川ひろみ・太郎良真妃.土器様式とカテゴリー:土器様式の視覚的/定量的把握に向けて.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 市川彰・深⾕岬.マヤ南部地域の社会複合化:公共建造物・石造記念物・葬制・土器の観点から.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • ⽐嘉夏⼦.物質と行為がコンフリクトに与える影響:17-19 世紀のトンガを事例として.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 藤澤敦・寺前直⼈.先史から古代に属する日本列島における軍事的防御施設の再定義.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 渡部森哉.古代アンデスの戦争に関する予備的研究.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 河合洋尚.華僑の移住と<場所>創出.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • ⽊村友美.食の変化と生活習慣病:ヒマラヤとアンデスでの調査から.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 清⽔展.自然災害と民族創生:ピナトゥボ山大噴火(1991)の被災から先住民アエタの創生へ.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 須⽥⼀弘.出ユーラシアに伴う資源利用の生態人類学的研究.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 池⾕和信.アマゾンにおけるペッカリー狩猟活動について.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 清⽔郁郎.東南アジア大陸部水辺集落における生態環境・人・物の相互環.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 佃⿇美.アンデス牧畜における家畜飼養技術・生計戦略・社会関係.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 川畑秀明・和⽥杏⾹・三國珠杏・Matthew Pelowski・柴玲⼦.文化的対象における感情の表出とその認知の相互性に関する予備的検討.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 齋藤亜⽮.認知特性を比較するための描画課題の検討.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • ⼭﨑由美⼦・⼊來篤史.「三元ニッチ構築」の媒介現象としての食餌行動に伴う脳-腸連関の可能性.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 上⽥祥⾏・齋⽊潤.探索非対称性を用いた視覚認知の文化差の検討.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 瀬⼝典⼦.南北アメリカの人々の頭蓋骨および体肢骨形態の調査:共通祖先を特定する観点から.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 勝村啓史・太⽥博樹.メダカをモデルとした新奇性追求行動に関わるヒトゲノム領域探索に向けて.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 松永昌宏・⽯井敬⼦.日本人におけるハプログループ D 遺伝子と行動特性との関連.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • ⽔野⽂⽉.ミトコンドリア全長配列から推定した列島日本人の人口動態.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • ⼭本太郎.Loss of adaptation may cause polycythemia with age in women living at high altitude on Tibetan Plateau.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • ⾦⽥明⼤.SfM による土器計測の高速化への試行.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • ⽥村光平・中尾央・松⽊武彦・松本直⼦.考古学への幾何学的形態測定学の応用.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • 野下浩司.考古遺物の 3 次元再構築と形態測定学的解析に向けて.出ユーラシア第二回全体会議,南山大学,2020年1月11-12日.
  • Matsumoto, N. 2019. Exploring the Mechanisms of the Development of Civilization: An Overview of the New Integrative Project "Out of Eurasia". 4th Shanghai Archaeology Forum, Shanghai University, 14-17 December 2019.
  • 山本睦,フアン・パブロ・バルガス,オスカル・アリアス.2019.エクアドル、セロ・ナリオ遺跡とロマ・デ・ピンシュル遺跡の発掘.第24回古代アメリカ学会研究大会, 南山大学, 2019年12月1日.
  • Seguchi, N. Repatriation of Ainu remains and the responsibilities of Japanese Physical anthropology: What are our real contributions to the Ainu community? ”Harkening Voices of the Other: Ethics and Struggles for Repatriation of Human Remains on the Margins of Japan”, 118th Annual Meeting of the American Anthropological Association Vancouver, British Columbia, Canada, 2019/11/23.
  • Nakao, H. Warfare in the Neolithic: Comments on Project “Neolithic Civilizations of Eurasia: Jomon - Origin, Early Stages, Local Peculiarities ”. International Workshop “Early Civilizations from the Viewpoints of the Northeast Eurasian Prehistory: A New Perspective”. 総合地球環境学研究所, 2019/11/15.
  • 中野政之・有馬弘晃・山本太郎.ネパール国・高地住民における健康リスク因子の探索.第84回日本健康学会総会,長崎大学坂本キャンパス,2019年11月1日.
  • 中野政之・有馬弘晃・山本太郎.ネパール国高地住民における健康リスクと遺伝的背景の関係性について.第78回日本公衆衛生学会総会,高知新聞放送会館,2019年10月25日.
  • 伊東啓・山本太郎・守田智.母子感染と性ネットワークを考慮した性感染症拡散モデル.第35回個体群生態学会大会,京都大学,2019年9月27日.
  • Iriki, A. International Workshop “Brain and behavioural evolution in primates”, Invited Speaker, “Tool use and primate evolution through cortical expansion and epigenetic regulation”, Erice, Italy (25-29 September, 2019).
  • Yamamoto, A. Complejidad sociopolítica en el norte del Perú durante el periodo formativo (3000-1 a.C.). Conversatrio. Auditorio del Pasaje León, Dirección de Áreas Históricas y Patrimoniales. Cuenca, Ecuador, 2019/09/17.
  • Matsumoto, N. Typology and morphometrics: How we see and interact with things. MORPH 2019, Keynote talk, Tohoku University, 2019/09/14.
  • Hirakawa, H., Nakazono, S .and Tarora, M. A morphological analysis of the simple pottery form of the middle Yayoi period in northern Kyushu, Japan. MORPH 2019, Tohoku University, 2019/09/14.
  • Tamura, K. and Matsugi, T. Elliptic Fourier analysis of the Ongagawa pottery in prehistoric Japan. MORPH 2019, Tohoku University, 2019/09/14.
  • Tamura, K., Nakao, H., Takata, K., Hashimoto, T. and Matsugi, T. Quantifying morphological variation of bronze and iron arrowheads of the Kofun period in Japan. MORPH 2019, Tohoku University, 2019/09/14.
  • Tamura, K., Nakao, H., Yamaguchi, Y., and Matsumoto, N. Elliptic Fourier analysis of the Ongagawa pottery in prehistoric Japan. MORPH 2019, Tohoku University, 2019/09/14.
  • Yamamoto, A. Proyecto arqueológico Ingatambo: Trayectoria y relación con las comunidades. Simposio conmemorativo por los 120 años de la inmigración japonesa / Año de la amistad Peruano Japonesa y los 40 años de investigación de la Misión Arqueológica Japonesa en Cajamarca. “Entre el pasado y el presente: Estudios y protección del patrimonio cultural en la costa y sierra norte del Perú”. Campo Santo, Complejo Monumental Belén- DDC Cajamarca, Perú. 2019/09/06.
  • Kawabata, H. Plato's Hippias Major and the psychological implication. 実験美学シンポジウム“On beauty: philosophical and psychological considerations to the empirical study of aesthetics”. 慶應義塾大学,2019年9月3日.
  • Kumakiri, S. & Saiki, J. Search efficiency is not correlated between visual and memory foraging tasks. 42nd edition of the European Conference on Visual Perception, KU Leuven, Belgium. August, 2019.
  • 山本太郎.近代細菌学の転換、21世紀の感染症対策.東大基礎統合講義・基礎臨床社会医学統合講義,東京大学鉄門記念講堂,2019年8月27日.
  • 川畑秀明.人はなぜ美を求めるのか:美を感じる心と脳の働きを芸術教育に活かす.第56回全国高等学校美術工芸研究会東京大会第二分科会,お茶の水ソラシティカンファレンスセンター,2019年8月22日.
  • 林慎太郎・川畑秀明.左右視野呈示における魅力顔への報酬知覚及び男女差の検討.電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会,東京女子大学,2019年8月21日.
  • 小澤怜平・三國珠杏・川畑秀明.絵画鑑賞場面におけるMind-Wanderingの生起に関する実験心理学的検討.電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会,東京女子大学,2019年8月20日.
  • 田中拓海・川畑秀明.ギャンブル・ゲームにおけるフィードバックの予測性がリスク・テイキング行動に与える影響.電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会,東京女子大学,2019年8月20日.
  • Tsurumi, E. and Morales, C. Tembladera: investigaciones en sitios tempranos en el valle medio del Jequetepeque. VI Congreso Nacional de Arqueología, Lima, Perú, 2019/08/13.
  • Matsumoto, Y. and Cavero, Y. ¿Sierra Centro-sur periferia del fenómeno Chavín? Nuevas evidencias en Ayacucho. VI Congreso Nacional de Arqueología, Lima, Perú, 2019/08/13.
  • Yamamoto, A. Ingatambo: Frontera norte del Periodo Formativo y su potencial para el desarrollo social. VI Congreso Nacional de Arqueología, Lima, Perú, 2019/08/13.
  • Watanabe, S. Sitios expuestos y sitios enterrados: una consideración sobre turismo arqueológico. VI Congreso Nacional de Arqueología, Lima, Perú, 2019/08/13.
  • Acuña, L., Tsurumi, E., Sara, C. and Kanezaki, Y. El Proyecto de Investigación Arqueológica Kotosh 2018. Excavación. VI Congreso Nacional de Arqueología, Lima, Perú, 2019/08/13.
  • Cavero, Y. and Matsumoto, Y. Evidencias arqueológicas en la cima de la plataforma central del centro ceremonial de Campanayuq Rumi, Vilcashuamán -Ayacucho. VI Congreso Nacional de Arqueología, Lima, Perú, 2019/08/13.
  • Sugiyama, S. Ultimas Perspectivas de la Antigua Ciudad de Teotihuacan y el Proyecto Complejo Plaza de las Columnas. Auditorio Alfonso Caso, Museo de las Culturas de Oaxaca, Estado de Oaxaca, México, 2019/07/30, 2019/08/08.
  • 勝村啓史・尾田正二・上岡史享・三谷啓志・小川元之・太田博樹・竹内秀明.メダカ集団を用いたヒト新奇性追求行動に関わるゲノム領域の探索.進化学会第21回大会,北海道大学,2019年8月7日.
  • 中尾央・中川朋美・田村光平山口雄治.弥生時代中期北部九州における戦争.進化学会第21回大会,北海道大学,2019年8月7日.
  • 五十嵐由里子・近藤信太郎・内木場文男・齊藤健・金子美泉.歯科医学へのAIの応用.日本大学ロボティクスソサエティ(NUROS)研究会,日本大学お茶の水校舎別館,2019年8月6日.
  • Yeh, S.-L., Dong, J.-T., Ho, P., Li, S.-H., Huang, T.-C., Hirai, S., Ueda, Y., & Saiki, J. More efficient semantic than phonological extraction in reading Chinese/Kanji for Taiwanese/Japanese skilled readers. 15th Asia-Pacific Conference on Vision, Osaka, Japan, 2019/07/31.
  • Tsai, C.-C., Chien, S.-E., Ueda Y., Saiki, J., & Yeh, S.-L. Does Visual Experience abolish Search Asymmetry? 15th Asia-Pacific Conference on Vision, Osaka, Japan, 2019/07/31.
  • Tanaka, T. & Kawabata, H. The intentional binding of auditory and visual action effects. APCV2019 15th Asia-Pacific Conference on Vision, 立命館大学, 2019年7月31日.
  • Fujimichi, M., Tsuda, H., Yamamoto, H., & Saiki, J. Visual distractor modulates neural representation of objects’ roughness held in visual working memory. 15th Annual Meeting of Asia-Pacific Conference on Vision, Osaka, Japan, 2019/07/31.
  • 水野文月・五條堀淳.港川人骨のミトコンドリアDNA全塩基配列からわかること.公開シンポジウム「日本旧石器人研究の発展:沖縄の現場から」,日本学術会議講堂,2019年7月28日.
  • 齋藤亜矢.絵筆をもったチンパンジー:絵を描く心の進化と発達.浄土真宗本願寺派まことの保育,第32回全国保育大会,福山ニューキャッスルホテル,2019年7月27日.
  • 山本睦.フロンティアと周縁:ペルー最北部の形成期」アンデス文明研究会.2019年7月20日.
  • 齋藤亜矢.チンパンジーの絵から芸術の起源を探る!? 熊本県立宇土中学・高等学校SSH特別授業/日本霊長類学会第34回大会出前授業,熊本県立宇土中学・高等学校,2019年7月10日.

アウトリーチ

  • 河合洋尚(2020)「南太平洋に住む客家 客家の故郷・中国広東省」『毎日新聞』(2020年2月1日、夕刊、2面)
  • 河合洋尚(2020)「南太平洋に住む客家 タヒチ①」『毎日新聞』(2020年2月8日、夕刊、2面)
  • 河合洋尚(2020)「南太平洋に住む客家 タヒチ②」『毎日新聞』(2020年2月15日、夕刊、2面)
  • 河合洋尚(2020)「南太平洋に住む客家 ニューカレドニア①」『毎日新聞』(2020年2月22日、夕刊、2面)
  • 河合洋尚(2020)「南太平洋に住む客家 ニューカレドニア②」『毎日新聞』(2020年2月29日、夕刊、2面)
  • 大西秀之(2019)「アイヌ民族/文化を知り学ぶ意義」『第6回小田市民大学講座』、小田北生涯学習プラザ(兵庫県尼崎市)、2019年9月18日。
  • 木村友美(2019)「まなびのカフェ@茨木 ~世界の人々の暮らしを知ろう~」大阪府茨木市生涯学習センター、大阪大学人間科学研究科附属未来共創センター主催、2019年12月12日。
  • 長岡拓也Where did Micronesians come from?、ミクロネシア連邦ポーンペイ州ポーンペイ・カトリック・スクール7・8・10年生への出張授業、2020年1月31日
  • 中尾央.過去という実験.サイエンスアゴラ2020,キーノートセッション,日本科学未来館,2019年11月15日.
  • 山本太郎.エボラ出血熱とアフリカのUHC.NGOサンキューセミナ,日本リザルツ事務所,2019年10月18日.
  • 山本太郎.抗生物質と感染、そして人類.NGOサンキューセミナ,日本リザルツ事務所,2019年7月5日.
  • 齋藤亜矢.文明哲学研究所 ART meets SCIENCE #2 復顔のアートとサイエンスのコーディネート.講師:戸坂明日香(復顔師),京都造形芸術大学,2019年7月5日.